• カテゴリー

  • 館山の印鑑 末吉印房

    創業75年 一等印刻師の店
    実印・銀行印・認印・印鑑ケース・朱肉の通販
    黒水牛印鑑・柘植印鑑・貴石印鑑・チタン印鑑など豊富な品揃え
    ご注文・ご相談はお気軽に
    ☎ 0470-22-0678
     FAX 0470-23-7751
    〒294-0045 千葉県館山市北条1068
    dakedoaishiteru@cd.wakwak.com
    営業時間 08:30~19:30(平日)
    08:30~18:00(土曜)

    民生作 本象牙印鑑 直径15ミリ×長さ45ミリ 金丹鞘付

    今は亡き伝説の象嵌(ぞうがん)職人である民生(みんせい)が、純金製の丹(金丹)を施した本象牙印章。印鑑を保護する象牙製の鞘(さや・キャップ状の物)もついています。はんこの大きさは5分丸2寸丈。実印、銀行印、認印のどれにでも使えます。牛モミ皮ケース付

    料金と納期について
    料金
    70,000円
    納期
    1週間ほど
    ご注文はこちらから

    印影各種

    福流篆書体(ふくりゅうてんしょたい)
    大野
    洋子
    藤堂高虎
    小次郎
    源義経
    福流篆書体 印影「大野」
    福流篆書体 印影「洋子」
    福流篆書体 印影「藤堂高虎」
    福流篆書体 印影「小次郎」
    福流篆書体 印影「源義経」
    見本の「洋子」のように名前を横書きで彫る場合、通常右から文字を並べます。
    篆書体は縦長にすると文字が伸び伸びとすることから、横書きの方が文字に勢いがつきます。
    反対に縦書きだとカチッとした印象になります。
    三文字の場合、横に一行で文字を並べることもできますが、字が狭まって窮屈になることがあるので、「小次郎」のように二列にして彫る方法もあります。
    三文字以上のフルネームの実印は縦書き二列の配字が基本です。
    なるべく読みやすい篆書体、なるべく複雑な篆書体など、ご希望がありましたら備考欄に書いてください。
    何もない場合は店主が最適な文字を考えます。
    福流吉相体(ふくりゅうきっそうたい)
    杉山
    佐衣子
    長澤
    ゆかり
    末吉印房
    福流吉相体 印影「杉山」
    福流吉相体 印影「佐衣子」
    福流吉相体 印影「長澤」
    福流吉相体 印影「ゆかり」
    福流吉相体 印影「末吉印房」
    福流吉相体は縦書きがバランスの取れることが多いですが、横線の多い文字などは横書きの方がいい時もあります。
    ひらがななどの画数の少ない文字に貫録を与えるためには福流吉相体がオススメです。
    縦書きや横書き、なるべく読みやすい吉相体や、なるべく複雑な吉相体など、ご希望がありましたら備考欄に書いてください。
    何もない場合は店主が最適な文字と配字を考えます。
    福流古印体(ふくりゅうこいんたい)
    高杉普作
    弁慶
    紫式部
    久敬
    福流古印体 印影「高杉普作」
    福流古印体 印影「弁慶」
    福流古印体 印影「紫式部」
    福流古印体 印影「葵」
    福流古印体 印影「久敬」
    福流古印体は縦書きがオススメですが、横書きでももちろん彫ることはできます。
    縦書きや横書き、少し遊び心のある古印体や、仕事用の事務的な古印体など、ご希望がありましたら備考欄に書いてください。
    何もない場合は店主が最適な文字と配字を考えます。
    ご注文はこちらから